加藤一二三九段の特集掲載の将棋世界2017年4月号

前回は、数学雑誌「数学セミナー」で始まった詰め将棋の連載についての情報を、4月号掲載の第一回を読んだ上で書かせていただきました。

 

今回は、将棋の雑誌について書いてみたいと思います。

具体的には、将棋雑誌である「将棋世界」の4月号について書きます。

 

スポンサーリンク

 

雑誌・将棋世界とは

 

最初に、将棋世界という雑誌について、非常に簡単ではありますが、だいたいどんなものであるかを書いておきましょう。

 

 

まず、将棋世界には、プロ将棋界の棋戦の動向についての情報が詳細に掲載されています。

 

さらに、最近のタイトル戦の写真棋譜と、記者の方の観戦記やプロによる解説が載せられます。

 

最新の情報を手に入れるだけなら報道やインターネットで十分ですが、観戦記によって対局時点の様子が分かったり、解説で詳しく将棋の内容を理解できるのが利点です。

 

 

それ以外にも、将棋ファンにとっては嬉しい連載や特集が読める雑誌です。

 

初心者にも楽しめて役に立つ連載や、将棋を知らなくても楽しい記事もあります。

また、観戦記や解説にも、将棋を知らなくても楽しい内容が書かれていたりしますので、その点もおすすめです。

 

写真が豊富な雑誌ですが、特にカラーページの棋士や対局場所の写真は素晴らしいです。

 

 

懸賞問題や、自作の詰将棋を投稿できるコーナーなどもあり、総合的に将棋を楽しめる雑誌と言えます。

 

将棋世界2017年4月号

 

それでは、4月号の内容や見どころについて書いていってみましょう。

 

スポンサーリンク

 

A級8回戦を含む順位戦ラス前レポート

 

A級以下すべてのクラスの、最終局の一局手前の対局についての特集記事が掲載されています。

 

 

先日行われた第75期A級最終局、別名「将棋界の一番長い日」の結果やだいたいの内容をある程度把握した上でこの特集を読むと、面白いですね。

A級8回戦はインターネット中継されたそうなのですが、私は最終局(9回戦)の方しか観なかったので、そういう感想になりました^^

 

記事中の図面や解説を読むと、好成績だった棋士も、惜しくも残念な結果となった棋士も、皆難解な局面を戦ったのだ、ということが改めて実感できました。

 

現役最高年齢での棋戦勝利達成の加藤一二三九段の特集

 

お茶目なキャラクターで知られる加藤一二三九段は、様々な偉大な記録を保持していることでも知られます。

中学生でプロデビューしたことも有名ですが、今や現役棋士として史上最高年齢です。

 

最高齢対局記録、最高齢勝利記録を更新するなど、まさに伝説です。

カラーページの写真とともに、加藤先生の偉大さについてよく分かる記事が載せられています。

 

加藤先生を見習って、私も今まで以上に将棋に真剣に取り組んでみたいと感じました。

 

 

そんな加藤九段の代名詞でもある「棒銀戦法」。

 

なんと将棋世界2017年4月号では、棒銀の特集が組まれています!

 

これは実質的に、加藤一二三九段特集といって良いでしょう。

 

 

棒銀特集は4記事あります。

プロ棋士2名が棒銀について語る記事、加藤一二三九段自身が語る記事、棒銀戦法の講座、そして棒銀戦法に関する「次の一手」問題。

 

 

最初の記事では、加藤先生の棒銀の将棋の魅力が語られています。

さらに、加藤先生の過去の対局の棋譜もついています。もちろん棒銀の将棋です。

 

二つ目の記事では、加藤先生自身の言葉で、四間飛車対策としての棒銀戦法に自信を持っている理由が語られています。

 

その他

 

2017年4月号の魅力は、まだまだあります。

 

 

付録の、泉正樹八段による二枚落ち新定跡の解説は目から鱗です。

 

タイトル戦の番勝負についての写真や解説は素晴らしいです。

私は、千田翔太六段が渡辺明棋王に挑戦する棋王戦五番勝負第一局の観戦記が興味深かったです。

 

千田六段の将棋に向かう姿勢には頭が下がります。

 

また、実写映画「3月のライオン」公開を記念しての、主演の神木隆之介さんへのインタビュー記事は、映画のシーンの写真もあって、舞台裏的なことも少し触れられていて面白いです。

 

先日A級残留を決めた佐藤康光九段の会長就任に関してのコメントも、一読の価値があります。

 

まとめ

 

今回は、将棋の専門的な雑誌である、将棋世界の2017年4月号について、魅力を紹介してみました。

 

駆け足になってしまいましたが、面白さが伝わっていれば幸いです。

 

 

これまで将棋の楽しみ方を色々書いてきましたが、この素晴らしい雑誌も、将棋を楽しんでいく上でとても有益だと思います。

 

自分だけの楽しみ方を発見するためにも、是非役立ててみてください^^

スポンサーリンク