【歴代】竜王と名人を同時に保持した棋士3名の「竜王名人」時代はいつ?

2019年第32期竜王戦7番勝負は、

豊島将之名人が広瀬章人竜王に挑戦中です。

広瀬竜王は2連覇と九段昇段、豊島名人は「竜王名人同時獲得」が

かかっています。

 

竜王と名人を両方もつ、「竜王名人」という肩書の棋士が登場することは、

将棋界でもレアケースで、これまでは史上3人しかいません。
 

スポンサーリンク

 

そこで、ここでは、それがどの棋士であるか、

竜王・名人だった時代はいつ頃だったのか、みていきましょう!

 

 

竜王・名人どちらも獲得経験がある棋士

 

竜王と名人は互いに双璧をなす将棋界の最高タイトルです。

 

そのため、どちらか一つでも獲得したことのある棋士は、

かなり少ないです。

竜王は、比較的歴史の浅いタイトルであることもありますし。

 

竜王経験者でありしかも名人経験者である棋士は、

次の通りです。

 

  • 谷川浩司九段
  • 羽生善治九段
  • 佐藤康光九段
  • 森内俊之九段

 

最初に竜王を奪取した年が早い順に並べました。

 

ほとんど羽生世代ですね。

竜王は、谷川九段の全盛期から羽生世代の台頭期に

移行するくらいの時代につくられたタイトルだと

理解していますが、まさにそのことを反映していますね。
 

スポンサーリンク

 

歴代の竜王名人

 

このうち、佐藤康光九段を除く3名が、竜王と名人の座に同時に

ついていたことがあります。

つまり、歴代竜王名人は、次の通りです。

 

  • 谷川九段
  • 羽生九段
  • 森内九段

 

ちなみに佐藤康光先生も、竜王は1993年の第6期に獲得、

そして名人は1998年の第56期と1999年の第57期に獲得していますので、

結構、惜しいといえるのかもしれません。

 

谷川浩司九段の竜王名人時代

 

谷川浩司九段は、竜王を4期獲得しています。

 

1996年の第9期には羽生善治竜王(当時)から奪取し、

翌1997年の第10期に真田圭一六段(当時)から防衛しましたが、

1998年、藤井猛六段(当時)から奪取されました。

 

一方、名人戦では、1997年の第55期に羽生善治名人(当時)から奪取しています。

羽生先生は、1996年に七冠独占を達成しています。

その後半年程度で失冠したとはいえ、将棋界の頂点に君臨していた羽生先生から、

ビッグタイトルである名人を奪取する谷川先生も、流石ですね。

その後、1998年には第56期には佐藤康光先生に奪取されました。

 

というわけで、谷川浩司九段の竜王名人時代は、1997年冬から1998年春ごろです。
 

スポンサーリンク

 

森内俊之九段の竜王名人時代

 

森内俊之九段は、永世名人(十八世名人)の資格をもっていることから、

名人を何度もとっていることがわかります。

 

竜王も2期も獲得しています。

2013年の第26期には渡辺明竜王(当時)から奪取し、

2014年の第27期に糸谷哲郎七段(当時)から奪取されるまで竜王位についていました。

 

8期も獲得した名人については、2011年の第69期には

羽生善治名人(当時)に勝利、2012年の第70期、2013年の第71期も

羽生先生相手に防衛し、2014年の第72期、またして羽生先生の挑戦を受け、

今度は流石の森内先生も敗北し、名人を奪取されました。

 

というわけで、森内俊之九段の竜王名人時代は、2014年夏ごろから2014年冬ごろです。

 

羽生善治九段の竜王名人時代

 

羽生善治九段は、永世名人・永世竜王どちらの資格ももっているので、

それぞれの棋戦の獲得回数は多いです。

 

では、同時にもっていた時代となると、どうなるでしょうか?

 

これについては、膨大な情報を処理する必要があって大変なのですが、

幸い、以前に羽生善治九段の肩書(タイトル獲得歴)について調べたことがありました。

 

【こちらの記事ですー>】  羽生善治九段の肩書きが「○冠」だった時期をまとめます!

 

よくみると記入ミスもあったりするのですが・・・。時間をみつけて修正しておきます(_ _)

 

上記リンク先の記事の表を参考にして大雑把にいうと、

羽生善治九段が、竜王と名人を同時保持していた時代は、

1994年から1996年(七冠独占時代も含む)、

2003年、ということになるはずです。
 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

 

>>こちらの記事もおすすめです

羽生九段は信玄餅が好物でおやつ注文も!信玄餅アイスは将棋界で人気?

 

歴代の「竜王名人」について調べました。

 

レジェンドになるような棋士の先生たちばかりでしたね。

そして、将棋史の残るその棋士たちでさえも、

竜王と名人を同時に保持していた時期はむしろ少なく(短く)、

同時達成はそれだけ伝説的な偉業といえますね。

 

竜王戦は豊島3連勝で圧倒的優位ですが、このまま押し切り「4人目」は誕生するのでしょうか?

もしもこの番勝負を広瀬章人竜王が逆転したとしたら、

7番勝負の「3連敗の後の4連勝」という、まだ将棋界では

2回しか事例のない出来事を起こした上での竜王連覇、九段昇段となります。

 

今期の第32期竜王戦7番勝負は、

どちらが勝っても伝説になる、すごいシリーズであるといえますね。

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です