第69期王将戦リーグのラス前の結果表(時系列順)【最終日結果も追記】

【追記】2019年11月19日に行われた、

第69期王将戦挑戦者決定リーグ戦の一斉対局。

この記事にはその前のラス前時点までのリーグ星取表を

時間順に並べ直したものを載せましたが、

最終日の結果についても、後ろに追記しました。

 

 

第69期の王将戦7番勝負の挑戦者を決める戦い、
本日、2019年11月19日に進行中ですが、

それ以前のリーグ結果を振り返っておきたい人も多いはず。
 

スポンサーリンク

 

というわけで今回は、今期王将リーグの流れに関する記事になります。
 

 

王将リーグの星取表は時系列順でない

 

私たち将棋ファンが、王将戦挑戦者決定リーグ戦の

結果を表でみるときに、注意すべきことがあります。

 

それは、王将リーグの星取表はどうやら、時系列順でない

らしいという点です。

 

私は今期リーグ開始以前に、事前情報を記事にしたのですが、

その後のニュースで入ってくる情報が、事前に想定していたものと違っていて、

おかしいな、と思ったりしました。

未だ修正できていないので、興味ある方は実際とどう違うのかみてみてください。

 

第69期王将戦挑戦者決定リーグ出場棋士がすごい!藤井聡太七段に注目

 

時系列順でないことは、

ニュースサイトのリーグ表などをみると、

右の方に星(白星・黒星)があるのに、

途中、星がはいっていないところがあるのをみることで確認できます。

もちろん、だいたいは順番通りではあるのですが、たまにそうでないときがあるわけです。

 

神童藤井聡太七段(17)完璧な名局で王者羽生善治九段(49)を降す 史上最年少王将位挑戦に大きく前進

 

順位戦なんかだと、例外を除いて、リーグ表の左から順番に行われますよね。

例外は最近あって、地震による延期により

C1順位戦の1回戦と2回戦の順番が入れ替わるということがありました。

 

それはともかく、リーグというのは単純な勝ち負けだけでなく、

参加者同士の相対的な成績が、挑戦とか陥落などに関わってくるので、

順番を正しく把握できる方が、対局が行われた当時の熱気というかドラマを

再現できるので、時間軸で並べ直したものを用意できるといいですね。
 

スポンサーリンク

 

第69期王将リーグ結果(ラス前まで)

 

並べ替えですが、最終日は一斉対局なので、

ラス前までやっておけばOKです。

 

各出場棋士について時間順にしたリーグ表

 

氏名 順位 最終対局 ラス前成績 挑戦・陥落・残留
久保利明九段 1 ● (豊島 9/18) ● (羽生 10/18) ● (広瀬 11/4) ○ (糸谷 11/11) ● (藤井 11/14) ? (三浦 11/19) 1勝4敗 陥落
糸谷哲郎八段 2 ● (広瀬 9/24) ● (藤井 10/18) ○ (三浦  10/21) ● (久保  11/11) ● (豊島 11/15) ? (羽生 11/19) 1勝4敗 陥落
広瀬章人竜王 3 ○ (糸谷  9/24) ○ (豊島  10/3) ● (三浦 10/9) ○ (羽生 11/1) ○ (久保 11/4) ? (藤井 11/19) 4勝1敗
豊島将之名人 4 ○ (久保 9/18) ● (広瀬 10/3) ○ (藤井 10/7) ● (羽生 10/16) ○ (三浦 11/4) ○ (糸谷 11/15) 3勝2敗 残留
羽生善治九段 5 ○ (豊島 10/16) ○ (久保 10/18) ● (藤井 10/21) ○ (三浦  11/11) ● (広瀬 11/1) ? (糸谷 11/19) 3勝2敗 残留
三浦弘行九段 5 ● (藤井 9/30) ○ (広瀬 10/9) ● (糸谷  10/21) ● (羽生  11/11) ● (豊島 11/4) ? (久保 11/19) 1勝4敗 陥落
藤井聡太七段 5 ○ (三浦 9/30) ● (豊島 10/7) ○ (糸谷 10/18) ○ (羽生 10/21) ○ (久保 11/14) ? (広瀬 11/19) 4勝1敗

 

 

このようになるはずです。

成績下位者3名がすでに決まっているので、

ラス前時点で1敗3名が陥落します。

また、挑戦者は広瀬竜王と藤井七段のどちらかで、

最終局が直接対決となっているので、その対局結果で決まります。
 

スポンサーリンク

 

後は、各自でこの時系列順の表から、

リーグを振り返ったり、チェックしていなかった棋士の頑張りを

みていただいたりして、楽しんでいただければ幸いです。

 

【追記】第69期王将リーグ最終結果

 

氏名 順位 最終対局 最終成績 挑戦・陥落・残留
久保利明九段 1 ● (豊島 9/18) ● (羽生 10/18) ● (広瀬 11/4) ○ (糸谷 11/11) ● (藤井 11/14) ○ (三浦 11/19) 2勝4敗 陥落
糸谷哲郎八段 2 ● (広瀬 9/24) ● (藤井 10/18) ○ (三浦  10/21) ● (久保  11/11) ● (豊島 11/15) ● (羽生 11/19) 1勝5敗 陥落
広瀬章人竜王 3 ○ (糸谷  9/24) ○ (豊島  10/3) ● (三浦 10/9) ○ (羽生 11/1) ○ (久保 11/4) ○ (藤井 11/19) 5勝1敗 挑戦
豊島将之名人 4 ○ (久保 9/18) ● (広瀬 10/3) ○ (藤井 10/7) ● (羽生 10/16) ○ (三浦 11/4) ○ (糸谷 11/15) 3勝2敗 残留
羽生善治九段 5 ○ (豊島 10/16) ○ (久保 10/18) ● (藤井 10/21) ○ (三浦  11/11) ● (広瀬 11/1) ○ (糸谷 11/19) 4勝2敗 残留
三浦弘行九段 5 ● (藤井 9/30) ○ (広瀬 10/9) ● (糸谷  10/21) ● (羽生  11/11) ● (豊島 11/4) ● (久保 11/19) 1勝5敗 陥落
藤井聡太七段 5 ○ (三浦 9/30) ● (豊島 10/7) ○ (糸谷 10/18) ○ (羽生 10/21) ○ (久保 11/14) ● (広瀬 11/19) 4勝2敗 残留

 

挑戦者は、広瀬章人竜王になりました。

おめでとうございます。

 

藤井七段は最年少タイトル挑戦ならずで残念でしたが、

終盤は後一歩で勝ちのところまで広瀬竜王を追いつめており、

近い将来のタイトル挑戦・獲得には十分現実味がありそうですね。

 

まとめ

 

 

>>こちらの記事もおすすめです

王将リーグはなぜ難関?予選の仕組みやリーグ人数を王位戦と比較!

 

王将戦の挑戦者決定戦のリーグは、

リーグ通りの順番で対局実施されるとは限らないようです。

 

リアルタイムでチェックしていなかった人は、

今回この記事でやったように、ニュースサイトや将棋連盟の

月間対局結果の情報を使って、時間軸上に並べ直してみると

楽しいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です