第68期王将リーグ最終局直前!プレーオフやリーグ陥落の条件を確認!

2018年11月26日(月)、第68期王将戦の挑戦者決定リーグの最終局が一斉に戦われます。

11月のライオンとも呼ばれる(?)王将リーグの最終局を前に、状況を整理してみましょう。

 

【参考ページ(外部リンク): 「11月のライオン」の雄叫びに注目を 王将戦挑戦者21日に決定

 

挑戦者が誰になるか、また、リーグの陥落者が誰になるか、最終局前の時点でどこまで決まっているのかを書きます。

 

>>こちらの記事もおすすめです

豊島八段王将戦挑戦決定!初タイトル、そして名人挑戦も期待

 

 

 

スポンサーリンク

 

王将リーグのプレーオフ・陥落の制度は?

 

王将戦挑戦者決定リーグは、文字通り、王将戦に挑戦する棋士を決めるリーグです。

最終局の結果によって、誰が陥落するか、また、プレーオフになる場合どうなるのか、を知るためには、王将リーグのルールを把握する必要があります。

 

王将リーグに参加できる棋士は?順位は?

 

王将戦の挑戦者決定リーグに参戦するのは、7名の棋士たちです。

そのうち、4名は、前期の王将リーグで陥落せずに残留した棋士と、前期の7番勝負に出場した棋士(挑戦者と前期の王将のうち、7番勝負に敗れた方)です。

 

残りの3名は、王将戦の2次予選を勝ち上がった棋士たちです。

 

 

王将リーグには、順位戦と同様に順位があります。

7番勝負に出た棋士はもちろん順位1位です。

それ以外の、前期にリーグ残留した棋士たちは、2位以下、前期の成績順に順位がつきます。

これで1位から4位までの順位がつきましたね。

 

2次予選勝ち上がり組の棋士たちは、同率で5位の順位です。

順位戦と違って、同率があるのが特徴的ですね。

 

王将リーグで成績同率1位となったらプレーオフ

 

王将戦に挑戦するのは、王将リーグで一番多く勝った棋士です。

でも、もしもリーグトップ成績の棋士が2人以上いたらどうなるのでしょうか?

 

名人挑戦者を決めるA級順位戦では、そのような場合、プレーオフが行われるのでしたね。

 

 

王将戦でもそういう場合は、やはりプレーオフになります。

でも、A級順位戦の場合と、少し違いがあります。

 

王将リーグのプレーオフは原則、上位2名

 

王将戦のプレーオフは、リーグ成績トップ棋士のうち、順位で上位2名の棋士、という原則があります。

ですので、勝ち数でトップだったとしても、順位が下位の棋士は挑戦者決定プレーオフに参加できない、ということもありえます。

 

 

ところで、「原則」というのはどういうことなのでしょうか?

これは、次のような意味だと思います。

 

上で書いたように、王将リーグの下位陣は、順位でいうと同率5位です。

リーグの成績トップの棋士のうち、4位以上の棋士が1名のみで、5位の棋士が2名いたら、どうなるでしょうか?

順位で上から2番目まで、という条件だと、2名に絞ることができません。

なので、この場合は公平に(?)、3名でのプレーオフになるはずです。

 

王将リーグの陥落について

 

王将リーグでは、成績下位の棋士たちは、リーグに残れません。

次期王将戦でリーグに参加するためには、2次予選を価値上がらなければならなくなります。

 

リーグ順位のところでの説明からもわかるように、そのような棋士は、3名です。

陥落しても、また予選を勝ち上がり、次期リーグに参戦する棋士もいたりします。

 

スポンサーリンク

 

第68期王将リーグ、挑戦や陥落はどうなる?

 

さて、それでは、勝敗の状況を確認し、挑戦や陥落について整理しましょう!

まず、最終局の一局前、いわばラス前が終了した時点での勝敗をチェックします。

 

乱立する2敗組、最終局でぶつかり合う!

 

なんと、最終局を前にした段階で、2敗の棋士がたくさんです!

 

  • 1位 豊島将之二冠 3勝2敗
  • 3位 糸谷哲郎八段 3勝2敗
  • 4位 渡辺 明棋王 3勝2敗
  • 5位 佐藤天彦名人 3勝2敗
  • 5位 広瀬章人八段 4勝2敗

 

このうち、広瀬八段は、最終局が「手空き」、ラス前の時点でリーグの対局を終了しています。

 

 

しかも面白いことに、最終局では、この2敗の棋士たち同士が当たります。

次のような組み合わせです。

 

  • 豊島二冠 vs 渡辺棋王
  • 糸谷八段 vs 佐藤名人

 

重要なポイントは、2敗同士で星をつぶし合う事実だけでなく、5位の佐藤名人と3位の糸谷八段が当たるという点ですね。

 

プレーオフはすでに確定、3名になるか?

 

最終日の一斉対局がどのような結果になっても、リーグトップの成績は4勝2敗であることには変わりありません。

ですので、すでに挑戦権争いは、プレーオフになることが確定しているわけですね。

 

 

でも、それだけではありません。

もしも佐藤名人が糸谷八段に勝てば、上で書いたような状況が実現するのです。

つまり、「上位2名」の原則通りになるのではなく、3名でのプレーオフになるはずです。

 

その場合は、豊島-渡辺の勝者と、佐藤名人、広瀬八段の3名でのプレーオフになります。

前日に羽生竜王との竜王戦第4局の勝利を決めた広瀬章人八段ですが、それに続き、他力とはいえ王将戦挑戦プレーオフへの出場を決めることができるかもしれません。

そうなれば、非常に嬉しいでしょうね^^

竜王戦も他の棋戦も含め、今後勢いがつきそうですね!

 

また、王将戦の挑戦者争いは、王将戦7番勝負が関西棋士同士の対決になるか、または関西-関東対決になるか、という点でも興味深いです。

 
【参考ページ(外部リンク): 斎藤王座誕生で将棋界の関西勢が26年ぶりの四冠ってどういうこと?
 

 

リーグ陥落は郷田九段、中村七段と残る1名は?

 

王将リーグを陥落してしまう棋士ですが、すでに2名が確定しています。

郷田真隆九段(順位2位)と中村太地七段(順位5位)です。

 

郷田九段は元王将、中村七段は王座を失陥したばかり。

ともにとても残念な結果ですね。

「棋界のプリンス」と「東の王子」。

今回の王将リーグは王子たちが去っていきますね。。。

そういえば、前期のリーグでは、「西の王子」斎藤慎太郎七段(当時)が陥落してしまっていました。

 

 

それでは、残りの1名の陥落者は誰になるでしょうか?

 

それは、最終局に敗れて3敗となった棋士の誰かになります。

(ということは、もちろん、勝てば陥落なしです。)

1位の豊島二冠は安泰です。

3位の糸谷八段は、佐藤名人に負けた場合、豊島-渡辺戦の結果次第で、渡辺棋王が勝てば陥落です。

4位の渡辺棋王は、豊島二冠に負けた場合、佐藤-糸谷戦で佐藤名人が勝てば陥落です。

5位の佐藤名人は、糸谷八段に負けたら3敗となり、順位の関係で陥落になります。
 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

第68期王将戦挑決リーグの最終一斉対局を前に、状況について書きました。

結果が出るのが待ち遠しいですね!

 

将棋プレミアムでゴールド会員かワンデイ(1day)会員になれば、生中継が観られるので、お時間のある方は観戦するのもいいかもしれませんね^^

 

>>こちらの記事もおすすめです

将棋プレミアムで竜王戦7番勝負の生中継が無料で観られる?要会員登録

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です