将棋道場に通うために知っておきたい知識・用語

前回、将棋を独学で勉強するときに予め知っておくと良いと思うことを書きました。

 

今回は、道場に通ったことがない人のために、道場に関する知識を書いてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

将棋道場についての知識 制度など

 

道場に行ったことがない人は、どういうところなのか今ひとつイメージが湧かないのが普通だと思います。

 

一緒に行く人がいない場合は、そのせいで道場に入るのを躊躇してしまうかもしれませんね。

そこで、将棋道場とはどういうところなのか、対局以外のことと対局に関することに分けて書きます。

 

まずは前者から。

 

将棋道場ってどんなところ?

 

将棋道場に行くと、まずは入り口近くにある受付にお目にかかります。

 

そこで、道場の代表者である席主や、そのお手伝いの人に受付の手続きをしてもらいます。

 

 

手続きといっても簡単で、料金(席料)を支払うのと対戦カードに氏名と棋力(級・段)を記入します。

棋力が不明な場合は記入しなくてもOKです。

 

 

受付が済んだら、しばらく待ちます。

 

待っている間に道場の方が対局相手を決めてくれます。

相手はあなたと同じ道場に将棋をやりにきたお客さんです。

 

そう、将棋道場とは、基本的にはお客さん同士で将棋の対局を行うところなのです。

 

 

対戦相手はすぐに決まることも多いですが、たまにかなり時間がかかることもあります。

道場には、将棋の本がたくさんおいてあったりしますので、ひまな時間ができてしまったときはそれらの本を読んで過ごすのも良いでしょう。

もちろん、前に書いたように、他のお客さんと交流するのもありですね^^

 

相手が決定したらいよいよ将棋を指せます。

 

ルールとマナーをきっちりと守って勝負しましょう。

 

相手の方と挨拶をして対局する席を決めて、後述の「手合い」を確認した後、対局を開始します。

 

勝負がついたら、二人の対戦カードを重ねて受付に渡します。

このときに、勝った方のカードが上になるようにします。

 

通常は、勝った人が受付にカードを渡します。

 

対局が終わったら、次の対局が組まれるまでの間は基本的に自由な時間ですが、感想戦を行うのが普通です。

もしも感想戦に時間がかかりそうな場合は、先に対戦カードを受付に戻してから感想戦に入るようにしましょう。

その方が色々とスムーズに進行します^^

 

初めての道場で、棋力がまだ分からない人は、何局かの対局を終えた後で、棋力を決めてもらえると思います。

私も初めて将棋道場に行った日に認定してもらえました。

日本将棋連盟の将棋会館道場の場合は、1回から2回の来場で段級位が分かり、認定されるとのことです(日本将棋連盟のウェブサイトからの情報)。

 

将棋道場の料金はどのくらい?

 

将棋道場で将棋を指すには、席料を払う必要があると書きました。

いくらくらいかかるかは、道場のウェブサイトで調べることができると思います。

 

だいたい1回で1000円前後かかるのが相場だと思います。

平日と土日・祝日で料金がかわったりしますので、気をつけましょう。

 

回数券や1ヶ月定期などの制度がある場合があって、たくさん通える人にはお得になっています。

 

将棋道場によっては、プロの棋士に教えてもらう機会を得られるところもあります。

いわゆる「指導対局」というものですね。

 

指導対局には、最初に受付で払った料金、席料に加えて別途料金が必要になることがあります。

指導対局については、道場の席主さんたちに質問しておくと良いでしょう。

 

 

また、道場で大会が開催されることもあります。

 

出場メンバーは当然お客さんたちです。

腕を上げたら、道場の大会に是非挑戦しましょう。

 

将棋道場についての知識 対局編

 

スポンサーリンク

 

一般的な道場のシステムを説明したので、道場という場の雰囲気が少しお分かりいただけたと思います。

 

以下では実際の対局に関連した事項を少し書いておきます。

 

手合い

 

棋力、つまり級とか段という言葉が先ほどから出てきていますね。

これは、将棋のだいたいの実力を示すものです。

 

級は数字が小さいほど強いです。

級位者の中では1級が一番強いです。

 

1級の一つ上が初段です。

その上は二段(弐段)、三段(参段)、四段とつづいていきます。

 

最高は六段です。

 

 

今説明したのはアマチュアのものです。

 

プロの段位はアマチュアの段級とはまた別の体系ですので注意しましょう。

 

さて、棋力が違う人と対局する場合、当然棋力が上の人の方が勝つ可能性は高いです。

 

将棋ではこういう場合、勝率を半々にするためのハンデをつけることができます。

 

聞いたことがあるかもしれませんが、「飛車落ち」とか「二枚落ち」とかいうのがそのハンデの例です。

要は、強い方の対局者が駒をいくつか抜いた状態から将棋を始めるわけですね。

 

こういうのを「駒落ち」といいます。

 

駒落ちの他に、「先番」というのもハンデの一つです。

 

棋力が下の方が必ず先手で指すというものです。

 

ハンデなしの勝負では、「振り駒」で先手・後手を決めます。

ハンデなしのことを「平手」といいます。

 

 

なお、駒落ちの場合は、駒を落とす方が第一手を指します。

 

ただしこの場合は、「先手」「後手」とは言わず、駒を落とす方を「上手(うわて)」、落とさない方を「下手(したて)」といいます。

 

 

こういう、棋力に応じて変わる対局の条件のことを、「手合い」と呼びます。

 

是非この言葉を覚えておきましょう!

 

持ち時間

 

道場でお客さん同士対局する場合、終わるまでにかかる時間は人によって様々です。

 

すぐに終わってしまうこともありますが、ときには午前中に始めた対局が、午後に入ってようやく終わることもあります。

 

道場によっては、対局時計(チェスクロック)を使って対局することもあります。

持ち時間を、例えば一人15分程度にして対局したりします。

 

 

チェスクロックの使い方を簡単に説明しておきましょう。

 

 

といっても簡単です。

 

基本的には自分が指したら自分に近い方のボタンを押します。

 

相手も同じことをします。

 

これを交互にやっていくだけです。

 

対局開始時には、第一手を指す人のために、第二手を指す人がボタンを押します。

 

対局後の時計の止め方とか、リセットの仕方などは、始めは道場の人や相手の人にやってもらって、だんだんと覚えていくようにできれば良いです。

 

私もそうやって覚えましたから。

 

まとめ

 

これから道場に通おうという人のために、道場について知っておくとよいと思うことも書いてみました。

 

受付での手続きや対局のシステム、料金などについて書いてみました。

 

 

また、道場だけでなく、将来大会にでるときなどのために、手合いとか対局時計についても書いておきました。

 

手合いについては、段・級の差によってどの手合いで指すかが決まっているものなのですが、今回は省略してしまいました。

興味のある方は是非調べてみて下さい。

 

 

それでは、ご健闘を^^

 

スポンサーリンク