将棋・銀河戦の仕組みと年間日程や対局日から放送までの期間

以前の記事で、テレビで放送される棋戦であるNHK杯や銀河戦について少し触れました。

なんとなくですが、NHK杯はなじみのある方も多いのではないかと思っています。

そこで今回は、より新鮮に感じる人も多いかもしれない銀河戦についてです。

 

銀河戦の方式

 

銀河戦に登場するのは、予選で勝ち上がった棋士や予選免除のシード枠の棋士たち総勢96名です。

NHK杯よりも若干多くの棋士が登場しますね。

 

この銀河戦がどういう棋戦であるか、もっと詳しく、その仕組みなどについて説明します。

 

銀河戦は早指しの棋戦

 

銀河戦は、早指しの棋戦です。
どのくらい早指しであるかを説明するために、持ち時間を書いておきす。

 

銀河戦の持ち時間は、一人15分です。(ただし予選はこれとは別です)

 

この15分の持ち時間を使い切ると、10分の考慮時間が与えられます。

さらに考慮時間も使い切ると、1手30秒で指さなけれいけません。

 

30秒将棋というのは、中々大変なのですが、それを公式戦の場で強いられるわけですね!

プロは大変ですね^^

 

ちなみにNHK杯もほとんど同様ですが、持ち時間が10分なので、実はNHK杯の方が短いのですね。

 

銀河戦本戦はブロックごとの勝ち抜き戦。パラマス方式

 

銀河戦本戦のトーナメント表をご覧になったことはありますか?

 

他の棋戦ではおそらくみられないような、独特のトーナメント表ですよね。

なんというか、左側の方程たくさん枝分かれしている、とでも表現すればよいのでしょうか(笑)。

 

銀河戦本戦は、「パラマス方式」という勝ち抜き方式のトーナメント戦です。

その特徴は、出番が早い人ほどたくさん勝たなければ上位になれないことです。

 

この方式で行われるのは、銀河戦の「本戦トーナメント」です。
そして、銀河戦には、もう一段階あります(笑)。

 

 

本戦の各ブロックで最終的に勝ち残った上位1名と最多勝者の1名ずつが、決勝トーナメントに進出し、優勝を争います。

 

この決勝トーナメントは、パラマス式でない、普通のトーナメント方式です。

持ち時間は、ブロックごとに行う本戦と同じです。

 

銀河戦では若手が有利?

 

すでに書いたように、銀河戦は、早指し棋戦です。

将棋では、早指しというと、若手が有利とされる傾向があります。
このことから、「銀河戦は若手に有利な棋戦なのでは?」と考えるのは、自然なことです。

でも実は、銀河戦本戦のトーナメント表をみるとなんとなくわかるように、少なくともデビュー後間もない若手にはかなり不利です。

 

実際のトーナメント表をみると、アマチュア参加者と女流はトーナメントの下位にいますが、そのすぐ上にいるのは、若手でまだ段位が低い棋士が多いことに気づかれると思います。

 

正確には、銀河戦本戦のパラマストーナメントにおける棋士の順位は、順位戦に基づいて決められるそうなのですが。

若手で、特にデビュー後間もない棋士は、順位戦でも当然下位ですので、銀河戦本戦では下位に位置します。

 

 

本戦下位の若手にとって、これが有利な理由はありません。

しかし、下位から連勝してこの勝ち抜き式トーナメントを勝ち進む棋士が少なからずいます。

 

特に若手の勢いは凄く、第25期銀河戦などでは青嶋五段の4連勝や高見五段の7連勝(!)など活躍がみられます。

こうしてみるとやはり若手は早指しが強いのでしょうね。

 

もちろん、この方式だとやはり決勝トーナメントまで勝ち進むのは大変なようで、上位陣に止められてしまうことも多いです。

 

ですが、最終的に勝ち残れなくても、最多勝者の枠から決勝戦に進出できるので、若手にとってはやはりチャンスのある棋戦だといえそうですね。

順位戦や竜王戦など、他の棋戦でトップ棋士とあたる機会のない若手にとっても、銀河戦は貴重な棋戦でもあるのでしょう。

 

銀河戦の年間日程や対局日から放送までの期間

 

将棋ファンを続けていると、将棋のプロ棋戦はなんとなく季節感を感じさせてくれるものです。

 

竜王戦の番勝負が開催されると、もう冬が始まるなあ、とか(笑)。

 

さて、銀河戦はどのような年間日程で行われるのでしょうか?

 

銀河戦の収録日から対局日までの期間

 

その前にまずは、テレビ棋戦特有の気になることをチェックしておきましょう。

 

そう、実際の対局・収録と放送・結果公表までの期間です。

 

 

銀河戦の場合、対局日と放送日のずれは、1ヶ月から2ヶ月10日程度です。

これをもう少しだけ詳しくみてみましょう。

 

収録は1日に2局分行うのが普通です。

例えば同じブロックの1回戦と2回戦が同じ日に収録されます。

この場合もちろん、2局目では、1局目の勝者と2回戦から登場する人が勝負します。

 

一方、放送は、各ブロックの1回戦を順に放送し、すべてのブロックを放送したら最初のブロックの2回戦を放送する、という感じで行われます。

 

収録から放送までが1ヶ月の対局と、2ヶ月の対局があるのは、こういった背景によります。

 

銀河戦の年間スケジュール

 

銀河本戦は、8月の終わり頃から対局が始まります。

 

放送は9月の下旬から行われます。

 

各ブロックの最終局は、5月から6月に対局され、7月から8月の頭くらいに放送されます。

 

 

決勝トーナメントは、6月の終わりから8月の中旬に対局が行われ、放送は8月上旬から9月の終わり頃です。

 

1年間かけて対局・放送が行われる棋戦ですね。

どの棋戦もだいたいそういう感じでしょうけれど(笑)。

 

秋ごろに優勝者が決まるというあたりが、「銀河戦」という涼しげなネーミングと合っていて、ぴったりな気がするのは私だけでしょうか(笑)。

 

銀河戦は囲碁・将棋チャンネルで

 

銀河戦はテレビ棋戦、と書きましたが、どの局で放送しているのでしょうか?

 

銀河戦は、J:COMM、ケーブルテレビ、スカパー!、ひかりTVの囲碁・将棋チャンネルというチャンネルで放送されています。

 

再放送なども充実していますし、良いチャンネルです。

 

銀河戦は、以前はAbemaTVでもよく過去の放送が流れていましたね。

最近はAbemaTVさん自身のコンテンツが増えてきて、銀河戦の再放送をみかけませんが。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は銀河戦についての情報をまとめてみました。

 

最近の銀河戦優勝者は、藤井猛先生、久保利明先生と続きました。

振り飛車党の棋士が連続して勝ったことで、振り飛車党の将棋ファンを喜ばせたみたいですね。

 

銀河戦は9月に開始ということで、海外の学校みたいですね(笑)。

例えば「ハリーポッター」などでは、夏休み明けに新学年が始まりますよね。

そういう、秋から新しいことが始まる感じが好きな人には、銀河戦がおすすめかもですね^-^
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です